Newsニュース

TVアニメ「佐々木と宮野」作品公式インタビュー公開!

2022年1月からの放送に向けて、キャスト陣にインタビュー!
今回は、平野大河役・松岡禎丞さんのインタビュー(前半)をお届けします。
#ささみゃーラジオ と合わせて、ぜひお楽しみにください。
――ドラマCDから携われていた本作のアニメ化が決まったときのお気持ちはいかがでしたか?
松岡:男の子同士の思いを描いているものの、それこそ宮野が好きな「BL」というジャンルに抵抗があったとしても共感を覚えていただけるのではないかという作品で、いつかアニメ化して、よりたくさんの方に知っていただけたらいいなと思っていたので、役者陣にとっても一つ夢が叶ったような気持ちでした。平野大河役を続投させていただけるからには、積み重ねてきたものを大切に、精一杯、この「佐々木と宮野」の世界を表現したいという意気込みでいます。

――現在公開されているティザーPVからも、そのせつない世界観が伝わってきますね。
松岡:そうなんです。ぜひ、みなさんにも布教用として使っていただきたいです(笑)。このふんわりした優しい映像はもちろん、TVシリーズとして構成されたお話を通しても、佐々木と宮野のもどかしさが伝わってくるんですよ。個人的に、原作ファンの方やドラマCDを聞かれた方にも納得してもらえるお話になっているなと感じたので、何の不安もなく楽しみにして欲しいです。

――松岡さんが公式サイトに寄せられていた「モジモジを、みんなで一緒に共有しましょう!」というメッセージも印象的でした。
松岡:佐々木と宮野の2人は、自然とお互いのことを知りながら一歩、一歩、あせらずに関係を深めていくのが一番良いんだろうなって、僕もわかってはいるのですが、ときに尻を引っ叩きたくなるようなもどかしさというか、ぐっと堪えなければいけないムズ痒さを感じるんです。その気持ちを「モジモジ」と言ってみました(笑)。

――では、そんな2人を側で見守る平野大河というキャラクターを演じられる上で大切にしていることを教えてください。
松岡:平野は、特に佐々木とは仲が良いこともあって、言葉がキツく見えるようなところもあるのですが「口は悪いけど優しい」という感じをちゃんと伝えてあげられたらいいなと思っています。宮野に対しても、大事な後輩の一人ということはありますが、平野の中で優劣はつけていないと捉えているので、セリフから特別感が出ないよう、あえてフラットに演じるようにしています。周囲に対する面倒見の良さも相まって……適した言葉かはわからないですが〝ヤンママ〟みたいなところがありますね。

――金髪ですしね(笑)。風紀委員ながら「カッコイイから」という理由で金髪にしているところは、普通の男子高校生らしいです。
松岡:僕は、むしろそこが平野の「普通の男子高校生」じゃないところなのではないかと思うんです。

――どういうことでしょうか?
松岡:その言葉には、将来を見据えて「今しかできないことをやろう」という思いで学生時代を謳歌してるところがあらわれている気がしました。社会に出たら、金髪でいられる職業も限られますしね。自分が学生だった頃は、そんなこと考えもしませんでしたよ。
見た目や振る舞いでチャラいと思われがちですが、実は成績も良いし、物事の規律に対しても厳しいところがあるので、おそらく根はかなりマジメで、ギャップのある人なんです。

――なるほど……。そうした解釈など、あらためてアニメでの役作りのために音響監督さんとお話されたことはありますか?
松岡:細かな部分で修正を受けることはありますが、基本的には「役のことは、みんなの方がよく知っているから」と任せてくださっています。アニメーションがついたことで、セリフと同時に表情を汲み取れるようになって、よりキャラクターたちへの理解も深まりましたね。たとえばドラマCDでは「……(3点リーダ)」だけというところも、綿密な表情芝居で作画してくださっているので、ちゃんとせつない感じに持っていけてありがたいなと思ったり、僕らも一つ一つ、これまでとの違いを体感しながら収録していっているところです。

――作品にちなんで伺いたいのですが、ご自身はBLが好きな宮野のように「人には理解されにくいけど好きなもの、こだわっていること」はありますか?
松岡:誰しも一つは持っていると思いますが、僕でいうと「車の部品」でしょうか。中学の頃から自動車雑誌を集めていて、最新のパーツをメモ帳に書き写しては「僕の考えた最強の車」というものを想像していました。要は、リアルなプラモデルですよね。声優になる前は自動車整備士をやっていたくらいなので、いつか実際に作れたらいいなと思っています。ただ、作ることはできても免許を持っていないので乗ることができません。ここが、なかなか人に理解されない部分でもありますね(笑)。業界にもガチの車好きの方々がいらっしゃいますが、大先輩ばかりで、なかなか自分からお話することができないんですよ。そういう意味では、佐々木という理解者と出会えた宮野がうらやましいです!

Back to List